スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
No. | --年--月--日 | スポンサー広告 No. | |

MONOCLEのシティガイド。


Monocle Travel Guide Tokyo (Monocle Travel Guides) Monocle London (Monocle Travel Guide Series) Monocle Travel Guide New York (Monocle Travel Guides) Hong Kong: Monocle Travel Guide (The Monocle Travel Guide Series)

MONOCLEのシティガイドシリーズがリリースされています。日本の出版社からリリースされたガイドブックや、コテコテの海外のガイドブックとは違い、MONOCLEらしいセンスある選択された情報と構成になっており、ガイドと読み物がうまく融合されています。日本に住んでいても知らない場所や情報も多く載っており勉強にもなりました(お恥ずかしい…)

先日、東京に来た海外の友達に、この本をプレゼントして、掲載されているレストランに連れて行ったら、とても喜んでいました。


[Link] Monocle Travel Guide Tokyo (Monocle Travel Guides)
[Link] Monocle London (Monocle Travel Guide Series)
[Link] Monocle Travel Guide New York (Monocle Travel Guides)
[Link] Hong Kong: Monocle Travel Guide (The Monocle Travel Guide Series)



スポンサーサイト
No.4594 | 2015年10月25日 | Journey No.27 | |

本田直之さん著書「TraveLife クリエイティブに生きるために旅から学んだ35の大切なこと」.


TraveLife クリエイティブに生きるために旅から学んだ35の大切なこと

本田直之さんの著書「TraveLife クリエイティブに生きるために旅から学んだ35の大切なこと」です。ハワイ、東京を拠点にして、年の半分をハワイで過ごしていることは知っていましたが、3カ月を東京、2カ月をヨーロッパ、1カ月をオセアニア、アジアなどで生活しているとは知りませんでした。高城剛さんと似た傾向というか、旅=人生というテーマで、クリエイティブに生きるために旅から学べる35のことをコラム形式で書き下ろしています。

未知の世界と触れ合い経験することで、示唆、選択、機会が増えていく。恐れずに一歩を踏み出そう、というもの。日本人は、移動にストレスを感じる事が多いですが、不安定な世界情勢になってきたことで、リスク分散しヘッジすることが必要です。自分の目で見て経験したものに勝るものはありません。

今年は、まだ夏季休暇が取れていないし、やっぱりどこか旅に行きたいなー。


[Link] TraveLife クリエイティブに生きるために旅から学んだ35の大切なこと



No.4584 | 2015年09月07日 | Journey No.27 | |

高城剛 NEXTRAVELER vol.05 - ブルックリン.


NEXTRAVELER(ネクストラベラー) vol.05ブルックリン (素敵な星の旅行ガイド)

高城剛 NEXTTRAVELERシリーズ最新作は、NYはブルックリンです。2008年のリーマンショック以後、近代の社会システムを疑問を持つ多くの人たちが、クイーンズでもなくブロンクスでもない、移り住んだブルックリン。分業された大量消費をするシステムではなく、自分たちの目の届くエリアで生産し消費する。サードウェーブや地産地消などが相まって、メディアで取り上げられる機会も多かったと思います。

そして、投資も進み、マンハッタン以上に地価が上がってしまったことで、岐路に立っていると思います。「リベラルなライフスタイルは終わったのか?」をテーマに執筆された本書。また、NYに行きたくなってきたー。


[Link] NEXTRAVELER vol.05 - ブルックリン


No.4580 | 2015年09月02日 | Journey No.27 | |

Dismaland.


20150902 Dismaland

BANKSYプロデュースのテーマパーク「Dismaland(ディズマランド)」なんて、風刺がきいててイイですね。イギリスは、ウェストン=スーパー=メアで8月22日から5週間限定でオープンしていました。BANKSY曰く、「子供向けでないファミリーテーマパーク」と説明してるようです。


[Link] Dismaland - Bemusement Park [Image & Source via HUFFPOST LIFESTYLE JAPAN]



No.4579 | 2015年09月02日 | Journey No.27 | |

SAVVY「いま、行きたい 日本の旅」特集。


SAVVY(サヴィ) 2015年 10 月号 [雑誌]

今回も旅特集の雑誌をピックアップ。"関西でもっと楽しみたい! 好奇心いっぱいな女性のための「ハッピー」が満載な情報誌(HP引用)" SAVVYの「いま、行きたい 日本の旅」特集です。関西を起点に、中部から西日本で、訪れたい日本の旅先・全15コースをご紹介しています。

やっぱり、日本の旅もイイなー。


[Link] SAVVY - いま、行きたい 日本の旅



No.4572 | 2015年08月25日 | Journey No.27 | |

& Premium 「ニューヨーク シティガイド」特集。


& Premium (アンド プレミアム)2015年10月号

夏だからでしょうか、各誌、旅やシティガイドの特集が多く組まれています。その中でも面白かったモノをポツポツと買っています。この& Premium「ニューヨーク シティガイド」も良かったです。読んでいると、ニューヨークに行きたくなるテンションをかきたてます。昨年、実は行っているのですが(笑)いい意味で、今のニューヨーク的というか。さて、今年の夏は、どこに行こうか。


[Link] & Premium - ニューヨーク シティガイド



No.4568 | 2015年08月23日 | Journey No.27 | |

蔦屋家電。

20150819 tsutayakaden

蔦屋家電に伺いました。なるほど、いい意味で、本当に境界線が曖昧な売り場ですね。置いておるものも選択されており、ネットとの差別化で「居心地の良さ」を提供すること。なるほどねー、といった感じでした。二子玉川駅という立地も、集客力あって、良いかもしれませんね。

1階はワークスタイル、デザイン、旅行。2階は、絵本、人文、食、ファッション、美容、健康、住まい、グリーン、建築など。各エリアで、それぞれのジャンルに精通したコンシェルジュが常駐し、生活提案を行います。コーヒーを片手に、知的好奇心を満たせます。

蔦屋家電に行く前に、「知的資本論 すべての企業がデザイナー集団になる未来」「TSUTAYAの謎」「Pen+ 誰もがワクワクできる場所 蔦屋家電へようこそ。」を読んでおくと、より楽しめますよ。


[Link] 二子玉川 蔦屋家電 - ライフスタイルを買う家電店


No.4563 | 2015年08月19日 | Journey No.27 | |

【#GottaGoList】幻のサンドバー「百合ヶ浜」 地中海リゾートを彷彿させるホテル「プリシアリゾートヨロン」


20150817 yurigahama

大人の夏課題」で挙げた課題「感動する夏の絶景を見る」の候補を色々調査中。第1候補の与論島は「百合ヶ浜」です。潮の流れや満ち引きにより、一時的に出現する砂浜で、通称「サンドバー」と呼ばれていいます。「サンドバー」と言えば、ハワイが有名ですが、日本にもあります。さすがの与論島。海は抜群の透明度。これは忘れられなくなる夏になりそうです。


20150817 PriciaResortYoron

そして、宿泊先は、「プリシアリゾートヨロン」が、いいですね。沖縄から空路35分 離島のリゾート。白く美し白砂のビーチに紺碧の海が思う存分楽しめそうです。地中海のリゾートを彷彿させます。アクティビティーを楽しむのも良し、綺麗な景色を眺めて、ゆっくりするのも良し。


[Image Source & Link] ハワイより断然こっち!鹿児島「百合ヶ浜」のサンドバーは最も天国に近い場所 - RETRIP
[Link] プリシアリゾート ヨロン [Image Source & via Booking.com]



No.4559 | 2015年08月17日 | Journey No.27 | |

Casa BRUTUS - 自然と暮らす。


Casa BRUTUS (カーサ・ブルータス) 2015年 9月号 [雑誌] CasaBRUTUS

不景気で殺伐とした日常の反動でしょうか。自然を感じる暮らしにつて、よく見かけます。Casa BRUTUS最新号も「自然と暮らす」特集です。田舎でも都会でも、場所は関係なく、自然を感じながら過ごす心地よいライフスタイル。海辺や山の近くに家を構えるのも憧れますが、通勤などが大変なので、セカンドハウスを持つ。そんな大掛かりなことができなくても、家庭菜園をする、育てた作物を食べる。そんのなことでもいいわけですね。

最近、やっぱり疲れているのでしょうか(汗)サーフィンを始めたのもそうですが、自然回帰中です。いや、自然へ逃亡しているのかも(笑)


[Link] Casa BRUTUS - 自然と暮らす



No.4552 | 2015年08月13日 | Journey No.27 | |

BRUTUS - 「わざわざいきたくなるホテル。」特集。


BRUTUS(ブルータス) 2015年 8/15 号 [雑誌]

BRUTUS最新号は、「わざわざいきたくなるホテル。」特集です。毎回楽しみにしている特集です。今回も、知らないホテルばかりで、情報収集がはかどります。掲載されている写真も素晴らしい。「坐忘林」「ATAMI せかいえ」、「Birth the suite」とか、めちゃくちゃ行きたいなー。


[Link] BRUTUS - わざわざいきたくなるホテル。


No.4544 | 2015年08月04日 | Journey No.27 | |
 » »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。