スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
No. | --年--月--日 | スポンサー広告 No. | |

Shinkansen ver.2 & 3

Shinkansen ver.2 from daihei shibata on Vimeo.



Shinkansen ver.3 from daihei shibata on Vimeo.



映像好きには「やられたぁ」な一本。EP-1で新幹線の中から撮影した動画を上下にミラー処理。音楽とスピードを合わせる手法ですが、音楽の質感とEP-1の画質にスピードを掛け算した気持ちのE 動画となってます。日曜の深夜には、ちょうどいいヌケ具合。特に「Ver.2」のイントロからAメロに入る辺り、編集が素晴らしいの一言です。

Shinkansen ver.2
Shinkansen ver.3


スポンサーサイト
No.1929 | 2010年11月29日 | MOVIEs No.9 | トラックバック:0 | コメント:0

あの人気不滅のトイカメラ「Lomo LC-A+」に25周年限定のオールホワイトモデルが!

lomo-lc-a-white-special-edition.jpg


トイカメラ人気の着火栓、Lomo LC-A+に25周年記念のホワイトモデルが登場です。生産開始から26年が経過した今でも一定層の人気を獲得しているアナログカメラの筆頭。Lamography Japanがデザインしたオール白のレザーとメタル素材、全世界で1000台限定生、日本では150台ほどが発売されているそうです。気になる価格は、3万9800円也。

このカメラは学生時代に凄くお世話になったなー。レザー部分を剥がして、グッチのレザーを自分で付けたDIYも非常に気に入っていた。今回の白もレザー部分を自分のオリジナルに張り替えてみようかな。


全世界1000台限定生産カメラ「LOMO LC-A+」 | Web Magazine OPENERS - New PRODUCTS











No.1928 | 2010年11月27日 | TOOL / Gadget / MONO / DESIGN No.14 | トラックバック:0 | コメント:0

カシオのタフネスを厳格に継承する「G'zOne BRIGADE」


GzOne BRIGADE01GzOne BRIGADE02


G'zOneシリーズで、初のQWERTY KEYを搭載したCasioの厳格なDNAを引き継ぐモデル「G'zOne BRIGADE」です。米軍の調達規格である MIL-STD-810Fのタフな耐久テストもクリアした、使うフィールドを選ばないタフネス。玉に瑕なのは、WordやExcelは閲覧のみで、編集機能がないこと。もちろん防水。実際に触ったきたんですが、質感がいかにもアメリカ仕様。タフネスを追求した割に、しっとりした素材の艶感、プロダクトが主張する重さが、すこぶる手に馴染むんですよ。キーボードも日本製には無い湿った打鍵感が心地いい。残念ながら、北米Verizon Wireless向けの携帯電話。


Casio G'zOne Cell Phones | Tough & Rugged Casio Mobile Camera Phones












No.1927 | 2010年11月24日 | TOOL / Gadget / MONO / DESIGN No.14 | トラックバック:0 | コメント:0

日本では今回が初上陸 オールブラックのEAMES EIFFEL SIDE CHAIR


eams01.jpgeams02.jpg


発表以来、多くの人を惹きつけてやまないチャールズ&レイ・イームズの名作、シェルサイドチェア。オリジナルデザインとしてかつて販売されていたこともあるブラックレッグにブラックのシェルを組み合わせた、クールな佇まいのザ・コンランショップ別注品が入荷しました。ブラックレッグは、日本では今回が初上陸となります。
ザ・コンランショップ全店舗で限定100台のみの販売となります。この機会にぜひご利用ください。11/16入荷予定、入荷次第順次発送となります。予めご了承ください。












当初、アルミニウムかスチールをプレス成型して背と座が一体となったシェル型のイスを作ろうと試行錯誤していたが、幾多の問題で製品化が困難だったデザイン。FRP素材の開発により製品化に成功したの有名な話。現在は環境に配慮しポリプロピレンを原材料とし生産されていますが、そのポリプロピレン素材の現行シェルにブラックレッグの組み合わせたシックな一脚。かつては発売されていたブラックレッグ。日本では今回が初上陸となるザ・コンランショップ別注品です。残念ながら、現在は売り切れ中です(涙)


The Conran Shop Online|EAMES EIFFEL SIDE CHAIR LIMITED BLACK

No.1926 | 2010年11月23日 | TOOL / Gadget / MONO / DESIGN No.14 | トラックバック:0 | コメント:1

アムステルダム、バルセロナから

ams02.jpg

更新が滞っていましたが、仕事でアムステルダムとバルセロナへ行ってました。やっとこさ帰国したわけですが、またこれがスコブル良かった。両方とも初めて訪れる場所でしたが、アムステルダムの都市設計や文化、バルセロナの歴史や旨い飯、予想を遥かに超える経験でした。事前に予習して行く時間が無かったが、かえって良かった。とても新鮮なインプレッション。

アムステルダムの運河を中心とした都市設計、自転車が日常品として根付いていて、街中に自転車専用道路が張り巡らされている。路面電車もとても便利。都心部の喧騒が姿を潜める郊外はスゴく静かでピースな雰囲気に満たされている。もちろん、危ない場所もあるので、注意は必要です。街に居るみんなが英語を話せて親切でした。これは運が良かったのかな?そして、みんな背が高い!調べてみると男性の平均身長が185cm、女性が175cmとのこと。しかもご飯の量がアメリカ並に多いっ!そりゃ、デカくなるわな。都心部では、路面電車と自転車、歩行者がぶつかってもおかしくない、運河の横が駐車スペースになってるんですが、運河と駐車スペースの間に柵やガードがないので、「落ちちゃうじゃないの?!」って思ってしまうんじゃないか、と感じてしまうこともあったりして。実際乗ったタクシーが後続車に接触するハップニングも経験したしね。タクシーの運転手さんが、スゴく親切だったので、何か可哀想にもなったりして… HEMAのカワイイ小物にテンション上がったりしてね。

ams01.jpg
ams04.jpg



スペインは空港に近いホテルに宿泊。緯度的にちょと南国に差し掛かるのかな?植物が南国感を醸し出しており、空間の空き加減は、アメリカのそれに近い印象。でも、市街地へ行くと印象は一変。映画のワンシーンを、目の前に再現したかのような歴史を感じる町並み。細い路地が縦横無尽に行き渡る面白さ。テンション上がって進みすぎて迷子になりかけました(笑)アムステルダムとは真逆の、街で出会う人の殆どが英語喋れません。地下鉄の乗り方が分からなくて、近くに居たオバハン(あえてこう呼ぼう)は、乗り方をずっとスペイン語で教えてくれました。何とかジェスチャーを読み解き進んだ先が全然違っていたらしく、走って追いかけてきてくれて、スペイン語で「違う、違う」って怒られたりして。

IMG_2745_convert_20101122041056.jpg

bal02.jpgbal03.jpg
bal04.jpgbal01.jpg

そして、ご飯がメチャクチャ美味しい!噂で「スペインはご飯が旨い」と聞いていましたが、噂に違わぬ旨さでした。まさに目から鱗状態。ほんとに衝撃的な旨さ。日本でスペイン料理食べたこと無かったんですが、いきなり本場で舌鼓。日本でスペイン料理食べれなくちゃったっても困るなって位美味しかった。海の幸も豊富で、何食べても涙が出そうな程の完敗加減。いや、本当に参りました。

短い時間でサクラダファミリアなど観光地を急ぎ足でまわって、サッカーの聖地カンプノウでバルサの試合を観戦。「メッシー!メッシ~~!」ってスペインの人達と一緒にゴールを楽しんでね。帰りに全然タクシーがつかまらなくて、大変だったよ。深夜のバルセロナをウロウロと徘徊したしね(笑)

個人的な驚きは、どっちの都市にも言えることですが、子供服が非常に可愛くて安い。H&MやZARAのKidsがあまりにも可愛くて、甥っ子に凄い量のプレゼントになってしまった。5歳児が着れるレザージャケットなんて、格好良過ぎて、思わずおじさんようの無いのって聞いた位だしね(笑)おじさん用は大き過ぎて、泣く泣くあきらめましたよ。

仕事とはいえ、日本のしがらみからロマン逃避行だったわけで。帰国して除夜の鐘聞くまでラストスパートです!

No.1925 | 2010年11月22日 | Journey No.27 | トラックバック:0 | コメント:1

気になるショートドキュメンタリーフィルム 『Influencers』



『Objectified』『Inception』に続き、気になるフィルム。どのようにトレンドや創作が伝染拡張していくのか。メチャクチャ先が気になる!


Influencers Film | Fubiz™
No.1924 | 2010年11月05日 | MOVIEs No.9 | トラックバック:0 | コメント:0
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。