スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
No. | --年--月--日 | スポンサー広告 No. | |

nujabes 1st year ceremony

5481920115_6c8c435d81_b.jpg


Nujabesが、この世を去ってから26日で1年が過ぎた。日本を代表するサウンドメーカーで、松尾芭蕉のような世界観を紡ぎ奏でる特別な存在だった。不思議だ。まだ、新譜を届けてくれる気がする。一年前、日課のネットサーフィンをしていた時、最初はジョークだと思った。目を疑うような事実。突きつけられる現実。もう、あのサウンドを聴く事ができない。そして、1年が過ぎた。まだ、僕のプレイングリストでは、常に数曲は入っている。

彼の曲を聴くたびに、どんなに辛い事があっても死んではダメだと痛感する。こんな気持ちをさせてはいけない。1年経っても色あせない楽曲。人々に響きわたる。今夜も彼の音楽が世界を癒していく。






nujabesが交通事故で2月に逝去

[関連] http://ubiquity.blog38.fc2.com/blog-entry-1838.html


続きを読む
スポンサーサイト
No.1971 | 2011年02月28日 | MUSIC No.4 | トラックバック:0 | コメント:0

その日の気分に合わせて靴のパーツを交換できる Urshuz

Urshuz from ROS-B on Vimeo.



やっと靴にも出てきたこのアイデア。すり減ったソールやへたったインナーを一括で交換できる。もちろん、その日の気分でソールを交換できたりするのがイイ。靴の周りに配置された輪っかで底と上部を固定する仕組み。サンダルにも対応してます。雨の日は、どうなるか気になる。




Urshuz - Change Everything
No.1969 | 2011年02月27日 | FASION No.3 | トラックバック:0 | コメント:0

Thunderboltとテザリングと孫正義

newmac.jpg

日本時間3月3日のAPPLEニューイベントを前に、大方の予想通り新MacBook Proが発表しましたね。基本性能の向上以外に特出すべき点はやはり、高速I/OのLightPeakの搭載、Appleの名称だと「Thunderbolt」ですね。ミニディスプレイポートとして働きますが、10GbpsというUSB2.0の20倍も速いポートでもあります。HDやディスプレイ、USB、FireWireなど様々な機器を数珠つなぎにできる優れモノ。この規格を採用する様々なH/Wやサービスが登場するんでしょうね、ワクワクする。

そして、個人的なヒットはAPLLEがテザリングを公認した点。「新しいMacBook Proは、お使いのiPhone 4の3G接続を共有できるので、必要な時に、必要な場所でインターネットにアクセスできます。」だって。ソフトバンク危うし。該当のヘージでは、「一部の国々ではテザリングをご利用いただけません。詳しくは、通信事業者にお問い合わせください。」とあるので、日本では厳しいか。

これを受けてかどうか、ソフトバンク社長 孫正義氏のtwitterで、面白いつぶやきがある。


banji.png


ぜひ、実現して欲しいモノです。


パフォーマンスが劇的に進化した新しいMacBook Pro
Twitter / 孫正義: 万事窮すと思った時は、一晩ぐっすり寝るといい。翌朝良 ...


No.1968 | 2011年02月27日 | APPLE No.7 | トラックバック:0 | コメント:0

Gatorade Go All Day - Nigel Sylvester in Japan

Gatorade Go All Day - Nigel Sylvester in Japan from Defgrip on Vimeo.



今日も英語のお勉強。かしこまった勉強はどうも質が合わない。こんなオシャレな映像をみて、英語耳をお捉えさせないこと。インタビューや語りは、本当の英語を聞く上で重要なファクターだ。「Lost In Translation」の世界に似た映像。北野武監督が東京を映像化すると青みがかったような灰色のようなくすんだ色をよく使って、海外では「キタノブルー」と評されているが、フルハイビジョンで写した東京も海外から見た日本のようだ。窓から雨音が聞こえる、そんな日本は大好きだ。

> Gatorade has spent many years researching and understanding what goes on in traditional athletes bodies when they are doing their sports. Whether it be hydration levels or information about how their body reacts to the most intense moments, Gatorade and their sport scientists have a pretty good idea about what’s going on with―like I said―their traditional athletes… Action sports on the other hand, that’s a totally different story.

This year, Gatorade’s theme is “Go All Day.” In celebrating that theme, Gatorade wanted to start doing research on the non-traditional sports like BMX, so they hit up Nigel Sylvester, who rides for Gatorade and asked him a pretty crazy question: If you could go anywhere in the world to ride bikes with his friends, where would you go? That’s a very heavy question to ask someone, even Nigel… so after lots of research and different ideas being thrown around, Japan was chosen as the destination! With it’s huge city, amazing architecture, and lots of un-tapped spots, Japan would be the perfect location.

To document the trip, Gatorade invited a few key BMX media outlets, including Defgrip, to go along for the ride. The video you are about to watch documents the trip from the riding and research, to the culture and adventures and to coincide with the video, we will have a photo gallery with a more detailed story going up next week!

Huge thanks to Nigel and Gatorade for putting this trip together and we hope you enjoy the video!


Gatorade Go All Day - Nigel Sylvester in Japan


No.1967 | 2011年02月24日 | FASION No.3 | トラックバック:0 | コメント:0

英訳や英語を話す時のコツ スラッシュ・リーディングの応用編

english.jpg>


そういえば最近英語に関するポストが全然なかった事に気がつきました。日本の英語教育やTOIECやTOEFLでは、肝心のヒアリングをスピーキングが鍛えられない。日本は民族性なのか文化かのか教育なのか、間違いなく話そうとする質の人が多いんですよ。間違っていてもいいから、こちらが伝えたい事を伝える事が一番重要なんです。

英語の文法は、日本語と違って、主語の次に動詞、目的語が続く言語。英語で読み物をする時、日本語に当てはめて、文の後ろから追っていく事があります。リーディングはそれでもいいですが、ヒアリングはそうはいきません。前から訳していく必要がある。そんな時に役に立つのが、「スラッシュ・リーディング」での「英文読解」です。英語をスラッシュで区切った一区切りで訳していくので、文末から戻らないので英語を理解していけます。詳しくは、こちらから。

英語を話す時、頭の中で日本語に訳す処理は行わないんですが、この「スラッシュ・リーディング」での「英文読解」に近い処理を、頭の中で行います。これは、リーディングで日本語訳する時にも、時間をかけず英語を理解できます。とはいえ、どうしても接続語は、日本英語で習った訳し方をあてはめてしまう。たとえば。「If...」は、「もし×××ならば」とか。これを スラッシュ・リーディング」での「英文読解」に近い、文末から戻らないよう「条件は×××」と訳すと、しっくり来ます。そんな、文末に戻らない接続語は、こんな感じです。


“If” は、
「もし×××ならば」ではなく、 「条件は×××」と訳す。
“Unless”は、
「もし×××でないならば」ではなく、 「例外は×××」と訳す。
“Because”は、
「×××だから」ではなく、 「理由は×××」と訳す。
“In order to”は、
「×××するために」ではなく、 「目的は×××」と訳す。
“Although”は、
「×××ではあるが」ではなく、 「ただし×××」と訳す。
"According to~"は、
「~によると」ではなく、「言及されるのは~」と訳す。
"According as~"は、
「~次第では」ではなく、「条件的に~」と訳す。
"Regarding~"は、
「~に関して」ではなく、「関する用件は~」と訳す。
"Including/Excluding~"は、
「~を含めると/除くと」ではなく、「含めるのは/除くのは~」と訳す。
"Except for~"は、
「~を除いては」ではなく、「除外するのは~」と訳す。
"Even~"は、
「~でさえ」ではなくて、「強調されるのは~」(Even I...の様な用法の場合ですね。)と訳す。
"On behalf of"は、
「~の代わりとして」ではなく、「代理となるのは~」と訳す。
"With/Without~"は、
「~と一緒に/一緒でなく」ではなく、「一緒なのは~/一緒でないのは~」と訳す。
"To~/From~"は、
「~へ/~から」ではなく、「向かうのは~/来たのは~」と訳す。
"Toward~"は、
「~の方に」ではなく、「向くのは~」、「~に対して/関して」ではなく、「対するのは/関するのは~」と訳す。
"Ahead of~"は、
「~よりも先(前)に」ではなく、「より先(前)なのは~」、「~よりも有利な立場に」ではなく、「より有利な立場なのは~」と訳す。
"Belong to"は、
「~に所属する」ではなく、「所属するのは~」と訳す。
"By way of~"は、
「~を経由して」ではなく、「経由するのは~」と訳す。
"Acquire~"は、
「~を取得する」ではなく、「取得するのは~」と訳す。
"Be bound to"は、
「きっと~するだろう」ではなく、「きっとするであろうことは~」と訳す。
"For the sake of"は、
「~の(目的の)ために」ではなく、「目的の対象となるのは~」と訳す。



どうですか?ぜひ、一度お試しあれ。


http://q.hatena.ne.jp/1292251969



No.1966 | 2011年02月23日 | BUSI-NESS / IDEA / MONEY No.21 | トラックバック:0 | コメント:2

自然にも優しい? 紙でできた使い捨てUSBメモリ


disposalusb01.jpgdisposalusb02.jpg


デザインよし。こういうアイデアは非常に歓迎です。パーティーの写真とか友達に配る、編集した動画をプレゼントする時など、使用用途は数知れず。まだコンセプトですが、ぜひ商品化を!


Концепт флеш-накопителя «Флешкус»



No.1964 | 2011年02月22日 | Twitter No.1 | トラックバック:0 | コメント:0

惜しまれつつも閉館したラテンアメリカ最大級の博物図書館 『Biblioteca Vasconcelos』


BIBLIOTECA P?BLICA DE M?XICO02BIBLIOTECA P?BLICA DE M?XICO01


天井から書棚が丸ごと吊り下がられた、メキシコシティーにあった南米最大の図書館『Biblioteca Vasconcelos』が素晴らしい。2006年に開館。Vicente Fox大統領時代のメキシコで、建築界最大級の投資で最大の図書館として華々しくデビューしたんですが、政治的なスキャンダルで、わずかその1年後に閉館。デザインなど非常に興味深かったこともあり、閉館してしまったことが残念です。READ MORE から、素敵な写真をご覧下さい。


TAX



続きを読む
No.1963 | 2011年02月21日 | BELLA CASA No.20 | トラックバック:0 | コメント:0

UBIQUITY LiFE* 管理人 オススメMIXTAPE* 2011年02月

nomusicnolife.jpg


春が恋しい今日この頃、外出することが億劫になってしまう出不精な休日。部屋で漁った書物を乱読する、ネットで必要以上に波乗りすることより、自分が居なければいけない場所に居る事が重要なのは分かっている。でも、部屋で温々することは嫌いじゃない。そんな葛藤をいざ知らず、美味しいコーヒーに本と音楽。悪くない、そんな週末も。

近頃は、ちゃっかり音楽もクラウドの恩恵を受けていて、珠玉の紡いだ音源を聞く事が出来る。自分で漁ったモノやtwitterで知ったモノなど、こんな音楽を無料で聴ける世の中になってきたことに感謝。

2月のお気に入りMIXTAPEを紹介です。


続きを読む
No.1965 | 2011年02月20日 | MUSIC No.4 | トラックバック:0 | コメント:0

TDK Boomboxes


tdk_boombox01.jpgtdk_boombox02.jpg


TDKから気になるスピーカー。三脚と一緒に使うの面白そう。露骨なデザインが素敵です。もちろんiPod、フラッシュ記憶媒体も対応。最近は斜めに構えずに正統派なものにも反応してしまいます。Sound Cube というのもありますね。

3 Speaker Boombox
2 Speaker Boombox


No.1961 | 2011年02月17日 | TOOL / Gadget / MONO / DESIGN No.14 | トラックバック:0 | コメント:0

Vola HV1 Mixer by Arne Jacobsen

timthumb.jpg


ちょっと気になる蛇口。ポップでシンプルなのもいいですね。今、キッチンの模様替えを計画してるんですが、こんなのもあり。


Vola HV1 Mixer by Arne Jacobsen


No.1960 | 2011年02月17日 | TOOL / Gadget / MONO / DESIGN No.14 | トラックバック:0 | コメント:0

恐るべきIPhoneカスタム道


iphonedoctor_convert_20110212172737.jpgiphonedoctor2.jpg


センスと実行力がモノを言う、DIYカスタム道。さて、僕はどのiPhoneにカスタムしようかな~♪しかし、HIROCKさん近辺は、死角隙ナシの好き好きビヘーブのアンテナたちまくり。尊敬です。リンク先には、iPadやらiPhone3Gのカスタムも一杯ですよ。愛を感じます。

iPhoneカスタム道


No.1959 | 2011年02月12日 | APPLE No.7 | トラックバック:0 | コメント:0

TAG Heuer MERIDIIST



TAG Heuer01TAG Heuer03TAG Heuer02


さてさて、中国から気になる携帯をチェック。iPhone4のスケルトン化もいいですが、こういうブリンブリンな携帯も好きです。やっぱりハードな男は黒ですよ。うん、黒。中国では旧正月も終わり、卯年comingなんですが、スペシャルエディションとして豪華ダイヤモンドのウサギ仕様。中国と香港で限定販売です。この厳つさ、大好きです。カワイイもいいけど、日々をハードに、そしてアートに過ごすアラサーメンズには、カッコいいも日々の要素に取り入れたいですね。しかし、大陸側のGQもセンス抜群ですね。

兔年贺岁 TAG Heuer中国农历新年限量系列――GQ最爱


No.1958 | 2011年02月08日 | TOOL / Gadget / MONO / DESIGN No.14 | トラックバック:0 | コメント:0

空を飛んでいるかのようなハンググライダー三輪車 StreetFlyer

streetflyer01.jpg


ちょっと面白そな自転車(?)的な乗り物「StreetFlyer」です。地上から飛び立つ危険を排除した、ハンググライダー気分で空を飛んでいるかのような感覚を味わう事ができるレクリエーションがコンセプト。StreetFlyer部でも作って、週末の多摩川とかで、子供交えて遊びたいですね~。でも、邪魔かな(笑)実際に乗っている動画は、こちらから。メイキングもホットです。こういうの、凄く参加したくなります。


StreetFlyer - Moeve



No.1957 | 2011年02月07日 | TOOL / Gadget / MONO / DESIGN No.14 | トラックバック:0 | コメント:0

あの感動をもう一度。AFC Asian Cup 2011 日本代表 Samurai Blue



「アジア制覇に感動して作ってみました。」というコメントと共にYouTubeにアップされたAFCアジアカップ2011のハイライト映像。完成度の高すぎだからっ!今から見返しても涙が出てくる。とくあのPK戦。そして芸術的なボレー。BGMはMonkey Majik + 吉田兄弟のChangeという楽曲。この映像レベルの高さ、プロの仕業か。そして、サムライ達。くそ、泣けるぜ!

AFC Asian Cup 2011 日本代表 Samurai Blue " Change "


No.1956 | 2011年02月02日 | MOVIEs No.9 | トラックバック:0 | コメント:0

NBAビジネスに思うこと



昔は、あれほどハマっていたNBA。80年代のマジック・ジョンソンラリー・バード時代、90年代のマイケル・ジョーダン神の時代。最近は、コービー・ブライアントレブロン・ジェームスが引っ張るニューエイジな時代で、ゲームを観戦してても面白いでうが、昔程盛り上がらない自分がいます。毎年2月に開催されるオールスター前夜に行われるスラムダンクコンテスト。昔は、ドミニク・ウィルキンスとマイケル・ジョーダンの一騎打ちは有名ですが、168cmでダンクをかます、スパッド・ウェブとか伏線も輝いていた時代。時は経ち、ヴィンス・カーターが時代を作った後から、何となくマンネリ化してきた。そこから少し遠ざかっていたんですが、世界のトップリーグではなく、その下側が面白そうなことになってる。

映像を観るのが一番早いですが、こんな身体能力高いショーできる人達を全国から集めて、NBAの前夜祭で競わせる。そしてNBAのトップスター達と絡めていくと面白そうなことができそうだ。可能であれば、オールスター戦にも出場させて、真のエンターテイメントを演出してほしい。ナイキ、アディタスはもとより、ヨーロッパのファッションンブランドと靴やジャージでコラボさせて、ヒップホップ以外の音楽も混ぜていく。アメリカならBAPEが一部のHIP HOP好きから熱視線がおくられているが、NEIGHBORHOODやギャルソンとかも面白い。世界の中心と慣れるオールスター、面白じゃないか。日本なんて足下にも及ばないけど、もっとワクワクすることしようーぜ、世界のスポーツ界。そんな気持ちで一杯だ。

No.1953 | 2011年02月01日 | FASION No.3 | トラックバック:0 | コメント:0
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。