スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
No. | --年--月--日 | スポンサー広告 No. | |

あのアップルもデザインをマネたBRAUN社から、大人を際立てる腕時計

BRAUN WATCH


iPodiPhoneの電卓アプリなど、アップルも色濃く影響を受けている電気器具の世界的なブランドBRAUN社。1977年から1990年半ばにかけて、デットリッチリブス(Dietrich Lubs )とデッターラムス( Dieter Rams)がデザインを手がけ、未だに根強い人気を誇り、入手が比較的容易な時計製品。中でも置き時計のBraun Quartz アラームクロックは、ロングセラーで有名です。しかし、腕時計は意外と知られておりません。

ロレックスやオメガなどブリブリなブランドでもなく、G-SHOCK程くだけ過ぎない、絶妙な立ち位置。手頃な値段で入手可能な上に、センス抜群とくれば、買わずにはいられないですね。

MASTERS IN TIME


スポンサーサイト
No.2050 | 2011年08月30日 | FASION No.3 | トラックバック:0 | コメント:0

スティーブ・ジョブズの半生を映像で振り返る。



前回ポストした、アップルのスティーブ・ジョブズCEO辞任のニュース。彼が居なかったら今の世界はあいません。そんな彼の偉大な功績を動画で振り返りたいと思います。まずは上の映像から。Apple II の成功で一気にコンピュータ界の寵児となったアップル。Macintosh発売前年の1983年、広告史に残るであろう名作CM「1984」が初めてお披露目された年次株主総会のスピーチ。ジョブズ、この時28歳。おっと、おまけに各時代の彼がカバーを飾った雑誌の表紙もどうぞ(笑)


続きを読む
No.2049 | 2011年08月27日 | APPLE No.7 | トラックバック:0 | コメント:0

スティーブ・ジョブズ アップルのCEOを辞任



今日は、このニュースを取り上げざるを得ません。とうとうこの時が来ましたね。アップルの象徴的な人物、スティーブ・ジョブズがCEOを辞任しました。ウォールストリート・ジャーナルによれば、今後もアップルの戦略には積極的に関わっていくというニュースも出ています。ジョブズ氏は会長に留まり、今後はクック氏が新CEOとなりアップルを支えていきます。

彼が進退でいつも話題になるのが、アップルの株価。今回の辞任騒動で、マーケットは、アップルの時価総額が180億ドル下がったと見られています。真偽のほどはさて置き、後任のクック氏がふるう采配が見えるまでは、市場の動きは上下するでしょうね。では、気になるのが、後任のティム・クック氏。彼の経歴や人となりは、こちらに纏められています。

ステーブ・ジョブズが居なかったら、今のこの世界はありません。彼のビジョンや思想は受け継がれているのか?そして、今後のテクノロジーの世界はどうなっていくのか?

No.2048 | 2011年08月26日 | APPLE No.7 | トラックバック:0 | コメント:0

心地良さを提案する STUSSY Livin' GENGERAL STORE

stussy_lsf.jpg


STUSSYが、ちょっと面白そうな動きをしている。この秋冬に「ステューシー リビン ジェネラルストア(STUSSY Livin' GENGERAL STORE)」というレービルを新たに始動させるようだ。「ランドスケーププロダクツ」が、世界中の普遍的なアイテムをディレクションするという。

ランドスケーププロダクツ」といえば、よく中原慎一郎代表がメディアに登場していますが、ミッドセンチュリーなど家具ブームが燃えていた頃、その等身大の審美眼で、ウソ偽り無く「良いモノ」を提案し、今でも息の長い活動を続けています。ある意味、若者を等身大の格好良さに導いた殿(しんがり)のような存在。個人的には、その「ランドスケーププロダクツ」にSTUSSYの組み合わせに、ちょっと違和感があったんです。


続きを読む
No.2046 | 2011年08月23日 | FASION No.3 | トラックバック:0 | コメント:0

隙間時間でも大丈夫! iPhoneプログラミングを勉強出来る簡単な方法!

ios4.png


2-3年前前までは、よく「金脈」と言われたiOSでのソフト開発。ちょっと取っ付きにくいですか?

大丈夫です。少しITの知識があれば問題ありません。ちゃんと、Applから提供されているiOSのプログラミングガイドも日本語に翻訳されてPDF化してあります。これは嬉しいですね。この資料をiPhoneに入れておけば、通勤時間など隙間時間でも勉強できます。是非、ご活用下さい。

続きを読む
No.2045 | 2011年08月21日 | BUSI-NESS / IDEA / MONEY No.21 | トラックバック:0 | コメント:0

マクドナルド初代社長 藤田田 にビジネスを学ぶ成功学

fujita den


一端のアラサーサラリーマンなら、藤田田(ふじた でん)氏の名前は聞いた事があると思います。日本マクドナルドを一代で、日本文化に定着させた大社長です。何を今更感ですか?今では、アップルのスティーブ・ジョブズ、Googleのエリック・シュミット、マネジメントの権威と称されるピーター・ドラッカー。日本ではソフトバンク孫正義氏、ファースト リテイリング会長兼社長 柳井正氏、などが人気です。

実は、ピーター・ドラッカーも、その昔は、時代に合わない古い思想となり、日の目を見なかった事があります。藤田田が日の目を浴びていないわけではないですが、いつかまたドラッカーのようにブームが来てもおかしくない位、名言や先見の明に富んでいます。

藤田田氏が、銀座角のマクドナルドで成功し、バリバリの働き盛りで名を轟かしている時、『ユダヤの商法』という本を書き、ベストセラーになりました。その本を読んで、彼に会いたいという人は多くいましたが、藤田田氏は会いませんでした。そんな最中、毎日同じ子から「会いたい」と電話がかかってきていたそうです。多忙な藤田田氏は、ずっと電話対応者に断らせていました。その子は、オフィスまで乗り込んできました。それでも門前払い。しかし、その子は一週間通い続けて、藤田田氏に会う事に成功しました。


続きを読む
No.2044 | 2011年08月20日 | Twitter No.1 | トラックバック:0 | コメント:0

和製ガガの誕生かっ!? きゃりーぱみゅぱみゅ



ファッション雑誌『KERA』で読者モデルとして活動を開始し、『Zipper』『HR』『Tokyo graffity』等で活躍いている、モデルのきゃりーぱみゅぱみゅ(18)が、『もしもし原宿』で歌手デビュー。このアルバムの中でも、『 PONPONPON』が、ドラック並みの中毒性でビックリした。

この曲調を聞けばお分かりですね?Perfumeなどを手掛ける中田ヤスタカ氏(31)がプロデュースを勤めてます。フィンランドの「iTunes Store エレクトロニックチャート」で1位を獲得。日本人歌手として最高位を記録している。ベルギーとスウェーデンでは4位を獲得。そして、楽曲『 PONPONPON』は、YouTubeでの再生回数150万回超え。その4割がアメリカからだったことが判明している。PONPONWAYWAYWAY,PONPONWAYPONWA­YPONPON~♪ この歌詞、ゴロ、リズム、曲調、全てにおいてパーフェクト。この曲書いてる時の中田ヤスタカって、脳から何かスゴいものが溢れ出てたに違いないね。この曲を聴いた外国の人達のリアクションもスゴいことになってます(笑)

↓↓↓↓↓

続きを読む
No.2043 | 2011年08月19日 | FASION No.3 | トラックバック:0 | コメント:0

人生を変えた三大ジャンル @ Twitter

life_top3.jpg


Twitterで、ちょっと気になるハッシュタグが。「#人生を変えた三大ジャンル」というもの。ありがちなトピックはいえ、色々なジャンルで活躍している人達に聞くと、意外と面白そうな動きを見せそう。

上質な質問には、上質な回答が導かれます。ビジネスでも、プライベートでも一緒。#人生に欠かせない3つのツール、#3大座右の銘、#人生を変えた3つの名言、失敗をしないとういう前提で、#全力で取り組みたい事3つ、#猛省した3つの経験、#人生をかけて実現したい3つのこと、#これでに訪れた忘れられない場所トップ3、とかも色々な人達に聞くと面白いだろうなー。

#人生を変えた三大ジャンル


No.2041 | 2011年08月16日 | Twitter No.1 | トラックバック:0 | コメント:0

サラリーマン、家を買うなら60歳・現金で

myhome2.jpg


僕個人の「人生100のリスト」の1つでもある、終の住処の探求。Bella Casaなどで収集している情報は理想として置いておいて、我が日本の厳しい現実もしっかりと受け止めて、建設的な計画も立てる必要があります。日経新聞に面白い記事が掲載されていました。それが「60歳、キャッシュでマイホーム計画」というもの。

いつかは手にしたいマイホーム。住宅ローンを組むなら働き盛りの今のうちに……と考える人も多いだろう。しかし、住宅は人生最大の買い物。時期や物件を誤ればローン返済で家計が火の車に陥ることも少なくない。生涯にわたる生活設計を考えたうえで、どのタイミングでどのような住まいを選ぶべきかを考えよう。

 「住宅ローンを抱えるリスクはここ数年で格段に高まっている」。ファイナンシャルプランナーの紀平正幸さんは住宅購入を検討する人にこう注意を促している。「定期昇給や終身雇用はかつてのように期待できないうえに、転職やリストラで収入のない期間が生じる危険性は高まっている」(紀平さん)。ちょっと背伸びして購入した住宅のローン返済に窮する家庭からの相談も増えているという。

[via サラリーマン、家を買うなら60歳・現金で]



夫の年収が年2%ずつ上がり、物価が0.5%上昇することを前提として、定年までは賃貸に住み、30代で住宅を買った場合に支払うであろう頭金相当額と、毎年かかる住宅維持費分を60歳まで運用する、というもの。

僕の周りでは、結構な数で30~35年ローンンで家を購入している人もいて、住宅ローンを抱えるリスクとの付き合い方が、非常に難しいなぁって思っていました。60歳にキャッシュでマイホームを購入する、というのが非常に斬新だったのと、右肩上がりの経済成長は望めず、緩やかに経済低下を起こしていくであろう日本では、35年ローンを考えるより、その金利、頭金、住宅維持費を有益に利用することを最初に考えた方がいいかも知れない。

サラリーマン、家を買うなら60歳・現金で via 日本経済新聞

No.2040 | 2011年08月16日 | BUSI-NESS / IDEA / MONEY No.21 | トラックバック:1 | コメント:2

水草水槽のデザインが、想像以上に奇麗だった



16_convert_20110812003055.jpg


小さい時、熱帯魚を飼っていた頃から、かなり技術が進歩しいました。水槽のデザイン。その昔は、水草を水槽で育てるのが、非常に難しかった。要するに、奇麗な水環境をキープすること、生態系が循環していないと上手く育たなかった。今では、二酸化炭素を添加する機械(!)や栄養のある土もリーズナブルな値段で売られていて、家の水槽でバクテリアを飼い、生きた水環境を維持できるんですよ。絵画のような雄大な世界が、そこには広がっています。

「世界水草レイアウトコンテスト」というコンテストがある。そのコンテストの入賞作品を見ていこう。


続きを読む
No.2038 | 2011年08月12日 | TOOL / Gadget / MONO / DESIGN No.14 | トラックバック:0 | コメント:1

高城剛の楽しみ方 「高城剛=寅さん」理論

takashiro tsuyohsi

何かとお騒がせな、旧称ハイパーメディアクリエータこと、高城剛。インターネット黎明期からメディアに出没し、示唆にとんだ発言、行動力で注目を浴びてきた彼。最近はテクノロジーギーク加減が影を潜め、「オーガニック革命」「私の名前は高城剛。住所不定、職業不明。」「時代を生きる力」と良書を連発し、高城剛未来研究所とし有料制メールマガジン(週刊)の発行、ラジオ放送休止枠放送をジャックし、放送禁止イシューを連発するラジオ番組を配信したり、相変わらずの砲弾ぶり。

続きを読む
No.2037 | 2011年08月11日 | BUSI-NESS / IDEA / MONEY No.21 | トラックバック:0 | コメント:0

旅に出たくなる、1分間のダイジェスト映像。

LEARN


旅に出たくなる、無性に。

Rickさん、Timさん、Anderwさんという3人組。彼らが、2台のカメラを持参し、44日間、11カ国、飛行機搭乗回数18回、のめ3万8000マイル(約6万キロ)をかけて旅に出ました。記録した動画の全容量は1TBを超えます。そんな彼らの旅を、「LEARN」「MOVE」「EAT」という3つの側面から1分間に編集した傑作。この動画見た後、冒頭の一言を呟いていました…

アイデアは移動した距離に比例する、と高城剛氏は言います。世界をもっと知りたい。そして、日本をもっと勉強したい。


続きを読む
No.2036 | 2011年08月10日 | Journey No.27 | トラックバック:0 | コメント:0

世界を知るための有益なグローバル情報誌 MONOCLE









アラサーサラリーマン、もちろん読む雑誌も20代から、色々変化してきます。会社でも役職や肩書きが付くようになってくるにつれ、新聞の読み方も変わってくるのは当然。最近は、日本だけでなく世界にも目を向けたいと思ってますが、日本の新聞では、日本国内の記事だけで構成されているケースが多く、中々、今世界がどのように動いているのか。グローバル化した今、食べ物、テクロノジー、ファッションですら、日本国内で完結できない。既存のメディアでは、プッシュ型の情報収集は難しいのが現状。

そんな中、僕が貴重な情報源としている雑誌「MONOCLE」を紹介。2007年ロンドンで創刊し、世界中視点の知的好奇心が豊富なリーダーに読まれているグローバル情報誌。2007年に創刊された「MONOCLE」(モノクル)はロンドンに拠点を置き、世界中の知的好奇心を持つ読者に独自の編集視点で世界情勢、ビジネス、文化、デザインなど最先端の情報を発信しているグローバル情報誌だ。洗練されたエディトリアルデザインにもファンが多い。余白の使い方、紙の質など、洗練された編集にもファンが多い。洗練された国際派ビジネスマンや起業家、知識人を主なターゲットとしている。まずは、雑誌を手に取ってみるといい。手にした時の重さや質感が日本の雑誌とは雲泥の差だ。その洗練された雰囲気が、またいい。


続きを読む
No.2035 | 2011年08月08日 | BUSI-NESS / IDEA / MONEY No.21 | トラックバック:0 | コメント:0

二つ折りにたたんで収納できる靴 「Men's Radler Trail Camp」

Men’s Radler Trail Camp


Timberlandから、この夏に活躍してくれそうな、ジップで折り畳める靴。このコンパクト感がたまらない。足のフェット感が気になるなぁ。65ドル也。

Timberland - Men's Radler Trail Camp


No.2033 | 2011年08月02日 | FASION No.3 | トラックバック:0 | コメント:0
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。